きちんと「審議」して下さい | ササキタイキの思うツボ

きちんと「審議」して下さい

シェアする

関連記事

あまり知られていませんが、テレビ局には

「放送番組審議会」

というのがあって、放送法に則った番組の適正、質の向上を目的に有識者が番組について審議する場として設けられています。

民放については、民放連の指針でその審議の模様を放送することになっています。その場としてキー局ならその嚆矢となる

週刊フジテレビ批評

を始め、

あなたと日テレ
「TBSレビュー」
はい!テレビ朝日です

などの番組が編成されたりもしています。

U局ですとそのような番組は存在せずにだいたい自社のワイド番組でこの審議会の模様が放送されることが多いですが、tvkの

ありがとッ!

で今春から金曜の放送だけに縮小された夕方のワイドニュース

「tvkニュースハーバー」

に関する審議の模様が放送されていました。そこでは、

「そもそも週一回のニュース番組の位置づけは?」
「情報の扱い方が散漫でまとまりがない」

など、聞いていて納得する忌憚のない意見が・・・。tvkの審議委員は、まさに「有識者」で組織されていることが分かります。

しかし、困ってしまうのがテレ玉。この間、

「ごごたま」

「カラオケ1ばん」

の審議の模様が放送されていたのですが、

「視聴率は何パーセントですか」
「26年も続いてるなんてすごい」

とか何とか・・・。かつて私のごく身内の人間がブログでテレビ埼玉の委員が、

「テレビ埼玉が独立局なのは何故ですか」

っていう質問をしたのに呆れ、それを取り上げたらmixi日記で、

「オレたちの方が放送に詳しいんだから、番組審議委員会に加えろ」

というしょうもないことを言っていた連中がいたらしく怒っていたのですが・・・。それはともかく、多少なりとも放送のことを知っていたら、テレビ埼玉が独立局たる理由など分からなくては。

ホント、委員は「有識者」がなって頂きたいものです。放送とは言わずにコンテンツ産業にに精通した人。

どこぞの銭ゲバのIT屋とかはコンテンツが何たるやか分かってないからダメですな。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!