ラジオは強い | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ラジオは強い

シェアする

関連記事

もうすぐ防災の日、そして

東日本大震災

から半年です。震災後、再びクローズアップされたのがラジオの有用性です。

自分もあの震災発生時は外にいて、地震の規模や詳細を初めてつかんだのが食事に入った店で流れていた

TBSラジオ

でした。

あの時、携帯電話はロクにつながらず、メールもダメ・・・やはりこういう時に電波媒体は強いなと実感したのです。送信所さえ被災しなければ、どんな状況でもマス向けの災害報道が可能なのですから。

阪神大震災の前か後かは失念しましたが、

東京都交通局

が地下鉄でAMラジオの再送信を開始し、車両にも装置を搭載・・・しかし、他社でその後はそのような対策もとられず、いつしかラジオ再送信装置を搭載する電車もなくなってしまっています。

神戸の某FM局の倒産、愛知の外国語FM局の閉局、各局の売上の低迷・・・昨今ラジオが低く見られがちなのを、悲しく思っていた矢先のあの震災でした。

6年前の某局の買収騒ぎの時に当事者のあまりにラジオをバカにした言動の数々に、

「六本木を震源とした大震災が来ればいい」

なんてきつめに言いましたが、まさにそうなのです。ラジオ局は儲けがどうこう以前に、常に災害に備えて、有事の時はそれを優先に放送する体制を整えています。それができない局なんて信頼もされませんから。

自分はそれほどラジオを聴くわけではありませんが、あれから再びポケットラジオを持ち歩くようになりました。

ワンセグ

があるじゃないかという声もあるでしょうが、電池の消耗の早さや建物内での受信の難しさなど、問題も抱えています。

「災害に強い」

こんな強力な特性を持ったラジオ・・・広告主やリスナーから存在を見直される日を心から祈っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク