究極の本末転倒劇 | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

究極の本末転倒劇

シェアする

関連記事

世界最大の気象会社、ウェザーニューズがネットとBSデータ放送で展開する双方向型24時間気象番組、

SOLiVE24

コレのノウハウをウェザーニューズに提供したのは、

フジテレビ

です。SOLiVEで展開されている、

ソラボタン

や、

ソラチャット

など、テレビでやればきっと面白いであろうノウハウを、全部気象会社に売ってしまったのがフジテレビという局です。その度量はスゴイと思うし、逆に言えばある意味、自分で自分のクビを絞める結果にならないか・・・と、思っていました。

そのSOLiVEに真っ先に目をつけたのが、平日の出勤・通学時間帯に自社制作の生放送番組がなかったtvkであり、すぐに

「SOLiVEモーニング」

の部分サイマルネットを開始。やがて、U局で初となる連動型データ放送の機能も導入してソラボタンも取り入れ、SOLiVEのサイマル放送時の他、ニュース番組で活用しています。

また、かねてからウェザーニューズと綿密な関係のあるテレビ朝日系列も、朝日放送を初めとしてソラボタンのノウハウを活用する系列局が増えました。

そんなフジテレビは、

新・週刊フジテレビ批評

の生放送化に伴い、SOLiVEのキャスターだった石田紗英子を派遣するくらいのところに留め、あくまでSOLiVEとは距離を置いていたのですが、ついにこの4月からBSフジで、

「SOLiVEトワイライト」
「SOLiVEモーニング」

のサイマル放送を開始しました。もともとSOLiVEはBSのデータ放送で視聴できますから、画質云々をさっ引けばあらためてBSでサイマルネットする意味はあまり感じられません。しかも、

「BSフジ×ウェザーニュース」

などと大袈裟なタイトルを掲げている割には、データ放送ではソラボタンにも対応していない始末で・・・。

何の為のサイマルネットなんでしょうかね? ましてサイマル放送はtvkや三重テレビがすでにやっているワケでして。

コンテンツ確保に苦悶するBSデジタルという存在が子会社にありながら、自らがやれば面白いノウハウを気象会社に売ってしまったツケが来たとしか映らないのですが。こういうのを本末転倒と言わずして、何と言うでしょうか?

ちなみにSOLiVEのサイマル放送は、

NOTTV

でも始まりましたが、このサービスの問題点もいずれ語りますかね。

余計な話ですが、BSフジとtvkのサイマル放送を比較するとBSフジの方がやけに画質がいいですね。局との間の回線の問題なのか、設備の問題なのか否か・・・。

BSフジでもう一つ、いわゆる「月9」の中でも名作中の名作、

東京ラブストーリー

の放送がプライムタイムで始まりまして。また、未来を見越して早くからハイビジョン制作されていた作品、

北の国から’95 秘密

も放送されます。

地上波では再放送に過ぎないモノもBSではキラーコンテンツ、こういうのも積極的にやればよかったのに今までなかなか進まず、放送持株会社という枠組みができBS各局を子会社化できて、ようやく地上波局とのコンテンツ流通もしやすくなり手がけつつあるのだから、なんとも・・・。

結局、BSフジが巨額の累積損失を一掃できたのも、TOKYO MX同様にかき集めるだけ集めた資本金を取り崩した結果ですからね。

電波行政が悪いのか、キー局にアタマが無かったのか・・・。キー局が悪いとすれば、小さく産んで大きく育てるって言葉を知らなさすぎたような気がしてなりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク