細木 vs 中西 | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

細木 vs 中西

シェアする

関連記事

今日の

ありがとッ!

のコメンテーターは、金曜の隔週から月曜の月一レギュラーに変更になった中西哲生。

登場一番、中西が、

細木美知代アナの態度が違う」

と。細木アナ、松風雅也というイケメンと司会をしているので、ネコを被っているのではないかと。

「何なら、ねぎちゃん(根岸佑輔)に電話しようか?」

とまで。それもムリもない。金曜時代の細木アナは、

「ただいま修行中」

のコーナーで、どじょうすくいや壮絶なカラオケを披露していたのですから、ある意味ネコを被っていると思われても仕方ないのではないかと。

それでも、料理コーナーでの強烈な不器用ぶりを目撃している松風雅也曰く、

「これでもネコを被っているんですか?」

との事でしたが・・・。エンディングでは、レギュラーの林マヤからスキップをやるように言われ、スキップとも言えない歩きを披露・・・。

「・・・スキップもできないの?」

と、中西はあきれ顔。細木アナ、本当にスゴすぎます。

なお、今日の

「ありがとッ! ボイス」

のテーマは

「もうひとつの顔?」

何故か? 打ち合わせで細木アナがコギャルだったという事実が分かったからだそうで・・・。コギャル世代が30代になる世の中なのかと思うのかと同時に、細木アナがコギャルだったって、どんなコギャルだったんだと・・・。

なお、ディレクター担当替えの関係で水曜から移動してきた今日の

「おいしいパンMAP」

のコーナーのリポーターで、翁長舞アナがデビュー。

うーん、見たところ、トーマスサリーアナ同様に最初は使い方が限られそうなキャラのような気がしました。

小林咲夏アナのように時にニュース、時にワイドショー、時にバラエティ、時に広報番組、時にスポーツリポーター・・・そういうキャラがtvkには適任なんですが、翁長アナもトーマスアナも、ちょっと違うような気がするんですよね。

仲山今日子アナや尾辻舞アナの穴を埋められる存在になるかは、今後の本人の努力次第と言えそうです。

尾辻アナも最初は「あっぱれ」担当から始まって、あとからニュースもこなすようになったのですからね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!