セグメンテーションの難しさ | ササキタイキの思うツボ

セグメンテーションの難しさ

シェアする

関連記事

東名阪ネット6と群馬テレビとちぎテレビ、そしてHTBが制作委員会に参加している、

AKB0048

ですが、結局、7/7から

TOKYO MX

での放送が決まったようです。幹事局のtvkとしては忸怩たるものがあるでしょうが、これほどまでに、

アニメ=TOKYO MX
U局=TOKYO MX

の先入観を持っている首都圏の視聴者が多い実情を考えると、無理もない話かな・・・と、思います。

Twitterなんかを見てましても、

「AKB0048はMXでやらんのか。なんかめんどくせえ」

リモコンボタンの「3」を押すことが、何がめんどくさいのかと思いますが、この程度の頭の持ち主の視聴者ばかりの実情を考えると諾なるかなです。MXで放送しない事への根強い批判もありましたしね。

自分としては、いっそのことtvkチバテレテレ玉といった周辺U局は金輪際、深夜アニメなるものの放送をやめてしまえば・・・と、思っています。

いいお客はつきませんし、ソフトの囲い込みの為にMXで放送しないと文句を垂れる人間がこれだけ多い実情を考えれば、これ以上、MXとの差別化が難しいでしょう。

何か

サンテレビ

における阪神戦とか、かつての

KBS京都

での競馬のように、強力に視聴者の囲い込みが出来るソフトがあればいいのですが・・・。

地デジ化におけるアンテナ工事需要が多かった時期がそれらをラインナップするチャンスだったのですが、時期をみすみす逃してしまった・・・という感じでしょうか。

今からでも遅くはないので、都内や近郊で少しでもアンテナを横浜、浦和、船橋に向けてもらう努力をすべく、強力なソフトを3局やネット6を巻き込んで合同で作るとか、何か考えたら如何でしょう? それこそ情報番組とか。

言うが易しで、当事者からして見ればそんな事できればとっくにしてるよと言われかねないですね。それが為の、

「5いっしょ3ちゃんねる」

なんだろうし・・・。MXというライバルがいる中でのセグメンテーションの難しさ・・・ホント、考えさせられます。

都内でもアンテナを横浜や浦和、船橋に向けてる世帯がなくないのですが、おそらくそういう世帯は好事家か何かでしょうし、少しでも多くのチャンネルが見たいって世帯はまず喜んでCATVに入るでしょうし。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク