結局は客のついてない証拠 | ササキタイキの思うツボ

結局は客のついてない証拠

シェアする

関連記事

TOKYO MX

は、


夕方
ゴールデンタイム

と、独立U局にしては積極的に情報番組の生放送に取り組む局ではありますが、この10月から大きなテコ入れが図られました。

まず、朝の

チェックタイム

6:59:30~

のフライングスタートが廃止され、

7:00~

に戻り、コメンテーターも火曜・水曜・木曜については顔ぶれが変わりました。これが朝からやかましいったらありゃしない。何が理由か分かりませんが、この局の得意とするところの新聞記事紹介も廃止されています。

あとは、イケメンタレントが卵かけご飯を作るパッケージもの、

「ぶっかけ男子」

に、コメンテーターの手がける特集コーナー。これが朝からこんなものゆっくり見てられないよという内容。

なんだか、この局の朝枠は迷走していますね。朝の番組ってそんなにコロコロ構成を変えてはいけないと思うのですが、それが分かってないのでしょうか。

逆に、夕方の

5時に夢中!

は、好評だからか

16:55~

のフライングスタートになりました。と言っても、キー局のニュースという名のワイドショーが、

16:50~(フジテレビ
16:52~(テレビ東京
16:53~(日テレテレ朝TBS

なのですから、何の意味があるのか・・・。

ゴールデンタイム枠は

ゴールデンアワー

が終了し、

ニッポン・ダンディ

にリニューアル。と言っても、両番組共に見てませんのでまったくもって何もコメントできませんが・・・。

何かとこの局の事を、

「破天荒な番組をやる局」
「さすがMX」

などと持ち上げる人間が多いのですが、冷静に見てもあてはめられるのって、

5時に夢中!

だけの話ですよね。他の何がそんなに褒める要素があるのかサッパリ分かりません。あとはアニメをこれでもかとやって、マニアを喜ばせてるだけでしょうに。

こうやってコロコロ改編するって事は、結局、朝・ゴールデンタイムの生番組は客をつかむ事に成功していない事を露呈してるワケで・・・。

ちなみに

チェックタイム

のコンセプトが

「都市生活者のための朝の情報番組」

だそうですが、

「都市生活者のため」

ってキーワードをつければ、この局はウリに出来ると勘違いしてないか・・・。ニュースの尺を使って銀座でフリーWi-Fiサービスを開始ってネタをやっていたのですが、これも

「都市生活者のため」

のネタなのか。正直なところ、MXを見ている視聴者って、

「Wi-Fiって何?」

みたいな次元だと思うのですがね。銀座でフリーWi-Fiを使うような層がわざわざ朝にMXなんて見てるのか・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!