プロ意識を持て | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

プロ意識を持て

シェアする

関連記事

きょうのテレ玉

ウィークエンド930

の特集は

「踏切事故から2週間」

行田市の秩父鉄道の踏切で自転車に乗っていた小学生がはねられて死亡するという痛ましい事故があったのですが、その後を追う

河添沙織記者

事故のあった踏切が第4種という警報器も遮断機もない踏切で、しかも運転本数の多い秩父鉄道にそれが99箇所も集中しているという現実・・・。

それを取材しているのですが、原稿読みもたどたどしく、電話取材をする映像からも上っ面感すら感じられ、何だか会社から

「やらされている感」

すら覚える彼女の取材ぶりからは、事の本質を抉るようなものがまるで伝わってきません。

横にいるキャスターの

宮内里江子

報道部長が、なんだか取材を添削している教育ママかゼミの教授みたいに映ります。

せっかく看板ニュース番組の尺をもらっているのだから、ただ取材するだけでなく、よその鉄道会社ではどうなのかとか、抜本的な対策案を提示してそれを自治体の関係者や専門家に検証してもらうとか、見せどころはあるでしょうに。

テレ玉にも

加藤愛記者

のようなママさんベテラン記者もいるのですし、まして部長は女性でしょうに。先輩の背を見て育てじゃないですが、少しはプロ意識を持ったら如何でしょう?

「○○を取材してこい」
「○○で△△が起こっているから取材しなくてはならない」

って事で、その通りに・・・じゃ、テレビの報道記者として如何なものかと思います。

今回が自ら先頭切っての取材でそれが事実じゃないだとしても、とてもじゃないですがそれを誇れるような出来じゃないですよ。

もう少し、報道が何かを学習して欲しいですね。所詮ローカルだからどうこうじゃない話です。

こんなのテレ玉だから許されるんでしょうね。tvkでやったら叱責もののような気がしますが・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク