撮って出しの秘密 | ササキタイキの思うツボ

撮って出しの秘密

シェアする

関連記事

某赤坂方面のキー局の関係者から、

「どうやって録ってるんだ?」

と、訝しまれている

あっぱれ! KANAGAWA大行進

ですが、昨日の増刊号でその

撮って出し

の秘密を公開していました。

デビット伊東「赤坂や汐留の皆さんが知りたがってると思いますよ」

で、どういう仕組みか・・・。

51分の尺の中で数本のCMが入ることを予め想定して、8~9分の尺を当日の番組担当でないディレクターがストップウォッチで計りつつカンペで指示を出しながらその場でキッチリ計算しながら録っているようです。

その後、中継車でTDさんとTKさんが録画された素材に技術的な問題がないかとそして尺に問題がないかチェックする。

その後、テープを急いでMBC(tvk)に持って帰って、1サブでテロップを被せ、20:55~のOAで無事流すって流れのようです。

パッケージができあがるのがOA数分前・・・って事も珍しくないとのこと。

ちなみにこの番組に20人近いロケ隊がいるのは何故なのか・・・って理由も流していて、皆、欠かせないスタッフである事も明かしていました。

こういうなんともtvkらしい収録の仕組みの手の内を明かしてしまうところが、これまたtvkたるところか・・・。まあ、こんなのキー局はやらないでしょうけどね。

今回は

コメントの魔術師

ことガンマイクを持つ音声アシスタントの

アイちゃん

の成長の記録も放送していました。最初はボロボロだったのが、徐々にコメントに輝き(?)が見えるようになりましたね。

時にスタッフも登場しながらの番組作り・・・これぞtvkの番組の真骨頂。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!