SVでアンテナめぐり | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

SVでアンテナめぐり

シェアする

関連記事

Googleストリートビュー

昔、ネットオークションでいちゃもんをつけられたとき、こっちの家を調べる手段に使われた事でイヤな道具だな・・・って、思っていたのですが、そんなものにも使いどころがあることが分かりました。

屋根の上のアンテナ

特に丘陵部の多い神奈川県は面積の割に中継局が多く、屋根の上のアンテナがどこを向いているか・・・っていうのは結構興味があります。

と言っても、SVのデータというのは地デジ化完了前の2008~2010年に撮影されたものが多く、現状を反映していない可能性もあるのですが、それでも、県内のいろいろなところを少しだけ調べてみる事にしました。

興味があったのが、やはり

三浦半島

界隈・・・。やはりVHFアンテナのみの世帯が多かった事ですかね。それでも地デジ化の進む状況を反映して、

平塚中継局(湘南平)
久里浜中継局
横須賀武中継局
横須賀鴨居中継局

を受信している世帯も少なからずあり・・・。意外だったのは三浦市の中心部。そこそこ古いアンテナでも

平塚中継局

を受信しているところが割とありました。あの辺りは東京電力の電波障害もあるんで、VHFは厳しいから湘南平を・・・って判断からでしょうか?

衣笠中継局

は、地デジ化完全終了後にキー局の送信が開始されたので、SVのデータでは実態を反映してないですね。

あとは、

逗子中継局
鎌倉中継局

ですかね・・・。東京タワー波については古くからの難視エリアで、

J:COM

開局前も共同アンテナなどで受信している世帯が多く、地デジ化においては早速中継局置局対応って形が取られたのですが、それより前に

J:COM
JCN

辺りに入ってしまった世帯も多そうです。現に逗子市内や鎌倉市内はアンテナがない世帯が数多し・・・。

あとは、

大船中継局
戸塚中継局
笹下中継局
釜利谷中継局

が、どれだけ受信されてるんだろうって事も・・・。

この中で大船中継局については1986年の開局で、アナログでは送信はNHKとtvkだけで受信している世帯はそんなに多くなかったのですが、デジタルではキー局波も発信されたので、受信世帯は増えた・・・のか?

それと、藤沢市辺りでは、東京タワー波と平塚中継局、どっちを受けてる世帯が多いのだろうとか? パッと見た限りではVHFアンテナと湘南平向けUHFアンテナ両方ってみたいでしたが。

寝る時間が無くなりそう・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!