川崎から世界へ | ササキタイキの思うツボ

川崎から世界へ

シェアする

関連記事

きょうのtvkはゴールデンタイムに

WBA世界フライ級タイトルマッチ ファン・カルロス・レベコ×黒田雅之

を編成。地元の川崎新田ジムから地元を舞台に世界へ挑戦・・・tvkも気合いが入る・・・ところかな、と思ったのですが、ハテ? tvkにボクシングの実況ができるアナウンサーがいたっけな? と。

ホープの

根岸佑輔アナ

は、DeNAベイスターズのキャンプの取材で一週間不在、残るは

森田浩康アナ
吉井祥博アナ

ですが、ボクシングの実況は見たことがない・・・。

さて、放送開始の20:00にチャンネルを合わせて見ましたら、気合いの入ったオープニング映像が・・・。

スポンサーは

トーマスサリーアナ「この番組は川崎競馬場外発売所、ジョイホース横浜の提供でお送りします」

tvkハウジングプラザ横浜
ヨコハマくらし館

でなくてよかった・・・。

さて、CM明け。ありゃ? 何かのチャンネルの飛び乗りですね。よく調べてみると、

スカイA

の中継のネットのようです。

【解説】河野公平・藤原俊志
【実況】山下剛アナ(朝日放送)
【リポーター】中願寺香織

の布陣での放送。

奇しくも、山下剛アナも中願寺香織もtvkに縁のある人物ですね。大学3年の時に

HAMA大国

のMCを務めていた山下アナ・・・(名前は「山下剛生」名義)。それを示してか、山下アナは

「川崎から世界へ!」

を連呼してやけに気合いが入っている印象。

中願寺香織は横浜フリューゲルス合併前の

KICK OFF マリノス

のMCを務めていました。もう13年も前の話ですか・・・。

試合は両者拮抗だったものの、終始レベコ優勢。判定に持ち込まれるも、勝利はレベコ。ベルト獲得ならず・・・。

試合終了、番組エンディング後、リングサイドから中願寺香織が登場。

中願寺「この後はOPBF女子東洋太平洋バンタム級タイトルマッチをお送りします。テレビ神奈川をご覧を皆さまとはこの辺でお別れです」

最近はどんな地方局でもほとんどお目にかからなくなった飛び降りコメント・・・。

黒田雅之は今後も果敢に世界にチャレンジしてゆくでしょうが、tvkはスカイA(朝日放送)に放映権料を払ってまで生中継することはあるかな・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!