制服ディズニーに詳しい消息筋 | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

制服ディズニーに詳しい消息筋

シェアする

関連記事

本日、ネット上で

きゃりーぱみゅぱみゅ

が、

制服ディズニー

をした・・・というのが話題になっていました。

制服ディズニー・・・女子大生や一般の女性が高校時代の制服を着てディズニーリゾートへ行く・・・というのがブームなんだそうで、

朝日新聞

なんかも取りあげているとか。

身内と話していると、

「制服なんて教師をはじめとするオトナの圧力の象徴だったのに」

なんて世代からみれば、時代は変わったな・・・と、思わざるを得ませんが、千葉市中央区都町・・・いや、台東区浅草方面にそんなブームの先駆者と思しき人物がいました。

田代沙織

父親は落語家の桂歌春・・・桂歌丸師匠の惣領弟子。そんなワケで、父の教えを乞うて落語を得意とするアイドル

らくドル

として活躍中だそうですが・・・。彼女を初めて知ったのは

塾長・生島ヒロシの定年塾

のアシスタントとしてだったのですが、その位置がいつの間にか

石田紗英子

に代わっていて・・・。そうしたら、

小笠原聖

が担当していた

浅草お茶の間寄席

という浅草演芸ホールの高座を中継する寄席番組の後任の案内役に就任していて。そこでやっていたのが

「沙織の浅草セイフクしちゃえ」

というコーナー。

田代「制服を着た私が、浅草で人気のお店を征服しちゃおうというコーナーです」

しかもバックの曲がおニャン子クラブの

「セーラー服を脱がさないで」

寄席中継になんだ、このコーナーは?

浅草の人気の店の紹介をするだけのために、セーラー服やら公立高のJK風のファッションに身を包む田代沙織・・・。

それだけで失笑ものですが、カーディガンはEAST BOY、クツまでローファーという拘りぶり・・・いわゆるスクールカジュアルってヤツですか? こっちはそれにアッパレとしか言いようがない。

小笠原聖が担当していた頃は普通の寄席中継の番組だったのに、なんだこのユルさは・・・。コーヒーを急に大量のミルクで溶いたかのようなユルさ。

と思ったら、スタッフが

白黒アンジャッシュ

と同じの番組なのでした。それなら頷けるか?

って、田代沙織ってもうすぐ齢30・・・。それで、高校生のコスプレって。でも、誇れるのが、

戦国鍋TV

浅井三姉妹(第一期)

の唯一の生き残りなのであります。他はみんなレギュラー降板してますからね。

大住真梨子

がいましたが、

ずばり! 横濱

は今春で打ち切りになってしまいましたからね・・・。って、これもコスプレだ・・・。

というワケで、田代沙織に

「制服ディズニーに詳しい消息筋」

の称号を与えようとしましたが、単に

「U局のコスプレに詳しい消息筋」

って事にしておきましょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク