【高校野球】そして"贅沢"が"日常"になった | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【高校野球】そして“贅沢”が“日常”になった

シェアする

関連記事

夏に父方の徳島の本家や奈良の親戚に行くと楽しみだったのが・・・

朝日放送(ABC)

で高校野球中継が見られるという“贅沢”でした。

高視聴率番組の

ニュースステーション

をずらしてまで、当時は22:00~の放送だった

熱闘甲子園

で、ダイジェストでしか見ることができなかった

植草貞夫アナ
安部憲幸アナ

といった魂のこもった“絶叫”実況を関東では準決勝からしか見ることができなかったのですから。それより前に、

イブニング朝日

という夕方の関東ローカルニュースがあって、そこでも甲子園のダイジェストを流していて、ABC視聴者は羨ましいと思ったモノです。

関西ではステーションイメージも幸いしてかABCをつけている世帯がとても多く、夏の高校野球と言えばABCで見るもの・・・というのが日常化しています。関東と関西での高校野球というソフトへの認識の差もあるのでしょうが・・・。

友人宅で決勝をテレビ朝日で見ていると

「なんで10チャン(当時はアナログ)が中継しているの?」

なんて言われたものですね。事情を知らなければそうなるでしょう。

それが、実家がCATV横須賀(現:ジェイコム湘南・横須賀局)に加入したことで

スカイA

が見られるようになり居間で・・・という制約はありましたが、“贅沢”が“日常”に変わりました。その後、忙しくなり調布ケーブルテレビ(現:ジェイコムイースト・調布局)のエリアに引っ越しましたが、加入することはなく・・・。

3年経過して、BSデジタルのデジアナ送信が始まると言うことで、ようやく加入したんですよね。

そうです、スカイAに代わり

BS朝日

が完全中継を始めたのです。

あれから、14年・・・高校野球というソフトの認識もずいぶん変わったと思います。

nettama

ねったまじゃんけん
ねったまアルプス

の登場や、

テレビ朝日

からのアナウンサーの実況・リポートの参加。テレ朝からのリポート参加は新人研修で昔からあったのですが、面だって出てくることはありませんでした。それが今は実況陣の一角を占めている。

昨日、

八頭×角館

を実況していた、

清水俊輔アナ

なんて、もうかれこれ8年も実況しているそうです。

清水アナ「アルプススタンドリポート、熱闘甲子園、試合の実況と、入社以来13年連続の甲子園です。東京の会社の人間なのに、これは奇跡です。幸せを感じながら仕事します!」

ホントに、これは幸せなことだと思って欲しいですね。そして、本年度から満を持して有力系列局の

九州朝日放送(KBC)

から

近藤鉄太郎アナ

も参加・・・。

残念ながら関東勢の負け試合となってしまった

春日部共栄×敦賀気比

を実況していました。まさに系列総ぐるみでのソフトに変わったようです。

さて、住友グループの撤退から冠スポンサーのなかったそのABCの高校野球中継ですが、本年度から

UNDER ARMOUR

がスポンサーにつきました。注目のCM枠ではBS朝日では過去の名シーンが流れているのですが・・・。ABCではどうなんでしょうね? 

ねったまじゃんけん

を楽しみにしている子供も多いようですけれど。あ、これも関東では決勝戦でしか見られないですね。

ともあれ、限られた愉しみが日常に変わった瞬間の話でした・・・。今やBSの普及率は75%(2014年・朝日新聞調べ)を超えているそうで。

あえてBS朝日で見る

って視聴者も多い事でしょう。

でも、残りの25%は知らないんでしょうね。ABC系列が全力で高校野球中継に取り組んでいるコトを。それも残念な話です。

最後に、

熱闘甲子園

山本雪乃アナ

はイイですね。ABCとは正反対のテレ朝伝統のおとなしめのキャラですが、今や

朝まで生テレビ!

の司会をしている

村上祐子アナ

の若い頃に似てるなあ・・・って感じで。村上祐子の再来か? ってなところ。

彼女が六本木のマツモトキヨシで買い物してるのを見たことがあって・・・あれから釘付けです。そうしたらマツキヨ行きつけなのか“フライデー”されちゃいましたね。

どうでもいい話。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク