【ありがとッ!】またハマの伝説がひとつ | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【ありがとッ!】またハマの伝説がひとつ

シェアする

関連記事

今日の

ありがとッ!

のコメンテーターは

キャシー中島
林マヤ

arigato
オープニングの

写メトーーークッ!

のコーナー。そこでサンダルに靴下・・・ってのをツッコまれる林マヤ。

いや、それって

松風雅也

もやってたし、足の皮膚が弱いんでオイラもしますよ。松風雅也の時はヘンだヘンだってツッコまれまくってましたけど、そんなにヘンでしょうかねえ?

Kathy Mom Style

のコーナーは、

写メトーークッ!

のコーナーで

三浦綾子アナ

も訪れたと言っていた

キャシー中島
エディ藩

主催の横浜高島屋55周年特別企画

ゴールデンカップス展

キャシー「なんでキルトのオバさんがゴールデンカップス展でテープカットしてるのかって言われたのよ」

流石にゴールデンカップス世代ではありませんが、横浜そごう(当時)で生でやっていた

カフェシティ・ヨコハマ

デイヴ平尾

がMCをやっていたことは鮮烈に覚えています。あのあたりの横浜に縁のあるアーティストやタレントがたくさんMCに出てましたね。

ところがデイヴさん、お亡くなりになったそうで・・・。そりゃそうでしょう、あれからもう30年。

“長い髪の少女”

がヒットした頃に至っては50年前の話ですからね。でも、バー“ゴールデンカップ”は“ザ・ヨコハマ”って感じの文化の発信基地だったんでしょうね。

キャシー「六本木で遊んだ後、良く“ゴールデンカップ”に行ったのよ」

キャシー中島のモデル時代の写真・・・水着時姿を含めて別人ですね。なんでも長女(故人)を出産するときにアイスクリームをしこたま食べて、それで太ったとか。

そういう“ハマの文化の発信基地”って、今、あるかなあ。

壇原さんのように、

“東京依存なヨコハマ”
“東京従属都市ヨコハマ”

ってのを研究している人もいます。

でも、黄金町から伊勢佐木町まで歩き、馬車道の丸井で買い物をし、帰りに映画を見る・・・。こんなヨコハマを知る最後の世代には、そりゃステレオタイプな意見だよな・・・と思うワケです。あ、批判してるんじゃありませんよ。彼は立派な横浜市民ですからね。

それにしても、結局週1回になってしまった、

“クイズちょっと電話ですッ!”

APPLAUSE

からランチお食事券の提供が受けられなくなったのか・・・。あそこも経営が厳しそうだからなあ。

“マヤマヤ通信・ナチュラびと”

のコーナーは、恒例のナチュランチ。

小林敦樹ディレクター(ザビエル)

からバトンを受け継いだ

加藤則夫ディレクター(チャーリー)

も店見つけてくるの大変でしょうに。いや、関内という土地じゃ困らないか・・・。

最後にキャシー。

“横浜から東京へ行ったことを後悔している”

でもねえ、文化が東京で動いている以上は・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク