【つれづれ】ササキタイキは東京で消耗します・・・しばらく | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【つれづれ】ササキタイキは東京で消耗します・・・しばらく

シェアする

関連記事

学生時代、“ハンセン病”“原発”といったフィールドワークを通じてオイラに“ジャーナリズム魂”を植え付けてくれた

武田徹教授(恵泉女学園大学)

や、実際は講義は受けていませんが母校の

藤田真文教授(法政大学社会学部)

らが監修した

現代ジャーナリズム事典

を財布のやり繰りを無理遣りつけてようやく購入しました。

・・・ただ、Amazonでです。そんなに昔じゃない昔なら、神保町やせめて新宿に出て買っていたことでしょう。

体調をおかしくして、すっかり出不精になってしまった自分は、ついついAmazonや

ヨドバシ・ドット・コム

で書籍を注文して、家で受け取る・・・ってのが習慣化してしまっています。

ならば、ドコに住もうがいいじゃないかって? 相も変わらず毀誉褒貶ある

イケダハヤト

君なんて、

まだ東京で消耗してるの?

なんて挑戦的なブログやってるワケで・・・。その割に彼は横浜の戸塚の出身で、

戸塚のローカルコンテンツ専門のサイトがあれば飛びつく

なんて言ってるんですよね・・・。彼は

トツカーナ

も、一部で“これこそゆるキャラ”だと言われ話題をさらったものの、その再開発の終了でフェードアウトしてしまった

とつか再開発くん

も知らないんでしょうかねえ。

そもそも、横浜から高知へ・・・

尾辻舞アナ

尾辻舞アナ

という“先輩”がいるんですが、3年で帰ってきちゃいましたからねえ。彼も何れそう言い出すんじゃないか、って思うんですよね。

スポンサーリンク




テレビブログの難しさ、そして独立県域局の実情

このブログは主に

テレビ神奈川(tvk)
テレ玉(テレビ埼玉)

の事を取りあげてるわけですが、特にPVが爆発的に伸びてるわけじゃありません。3年で25000PVですからね。

三ツ池送信所アンテナ事件

の時みたいに“2ちゃんねる”とか

トミタ栞 タトゥー
アピタ金沢文庫 閉店の噂

とかそういう“くだらない”被リンクを嫌っていたこともあるかも知れませんが、オイラはブロガーとして大成していません。テレビはもう終わってるんでしょうか?

本を買って欲しいので詳しくは引用しませんが、ちょうどその“現代ジャーナリズム事典”に“テレビ離れ”の項がありましてね。

ああ、ついに“テレビ離れ”が事典に載る時代か・・・と思ったのですが、

“ネット上の話題がテレビなどから作られていることも見逃してはならない”

とありまして、溜飲を下げました。テレビというか放送というプラットフォーム自体、そうカンタンにはなくなりません。Webと融合したくて仕方ないホリエモンがいくら何をいおうとも。

さて、NHKやキー局のHUTがいくら下がろうが個人的にはどうでもいいのです。でも、tvkやテレ玉にそれが波及することだけはなんとか・・・と思っています。

tvkの昨年の決算は一昨年とほぼトントンの72億円。でも減収減益でした。スポットは伸びていますが、タイムが昨年比91%・・・。これは危機感を持って欲しい。

あっぱれ! KANAGAWA大行進

あっぱれ! KANAGAWA大行進

のようなヒットソフトでも、

NTT東日本
明星食品

といったナショナルスポンサーは降りてしまいましたし、高視聴率番組

ニュース930α

930alpha

も、

大山豆腐
ユニーグループホールディングス

は降り、今や番宣や告知CMばっかりです。15年前の“経営危機”の時なみに、特に若手にはそれを持って欲しいところです。

コンテンツ局も営業も事業推進も関係ない。関東広域という特殊な中の県域のテレビというハコでで何ができるかを。

そして、都域局たるや・・・

そんな中、

TOKYO MX

の快進撃がとまらない・・・売上高126億ですか。と言っても比類する地域がないのですが、広島や仙台、新潟の局より30億近く以上売り上げてますね。

でも、MXのやりたいことは“聖域なきニュース”に“言論の自由”にアニメでしょ。tvkからMXに寝返った

堀潤

には呆れているところです。メルマガも毎日更新すると言うから会員になって遣ったら、全然配信しやしない。口先だけのヤツなのかなあ。やっぱ。

台風19号の時は

塚越朝子

が羽田、

風戸星那

が新宿駅南口、

鈴木雄太

が浅草に中継に出て頑張っていましたけど、“都域局たることをやってくれ”って答えが、

週末めとろぽりしゃん♪

TOKYO MX NEWS NEXT

ではねえ。17億も経常利益上げてるならもっとコンテンツで都民に還元しろ、って思います。社員に準キー局並みの給料遣ってる場合じゃないでしょう。

MXエンターテインメント

の社員が可哀想だと思わないのか。

独立県域局のやることの“答え”

では、そんなMXを背にtvkやテレ玉は何をすべきか・・・。

tvkは

COMS(tvkコミュニケーションズ)

ch.OPEN YOKOHAMA

って動画プラットフォームや

YouTube

で横浜の観光動画を配信したりしていますが、まあ悲劇的に再生回数が少ない。

イケダハヤト

君が言うような

“ドローカル”

に希求できてないんですね。横浜の観光情報なんてキー局でも見られますよ。今やビッグアーティストの

miwa

なんて、

“中華街によく遊びに来る。(東横線の)終点じゃん?”

って

saku saku

で言ってたし。横浜ってそんな街の側面がやっぱり大きいんですよ。

そうじゃなくて、もっとニッチな情報を遣ったら如何ですか? 一時期、かなしんによく広告出してる

オリコミクス

がスポット流してましたけど、あれとコラボするとか。あと

はまかぜ

タウンニュース

チラシや折込紙くらい地域にマッチしたメディアはありませんよね。

それと、湘南・県央地域。在京局フルパワー化で

平塚中継局(湘南平)

を受信している世帯が大半で、MXなんて見てない世帯が多いんです。県西部は言わずもがな、三浦半島辺りも然りです。

なら、ジャンジャン湘南エリアの情報を流す。小田原辺りの情報を流す。そして横須賀・三浦の情報を流す。

なのに、辻堂のしらすカレーパンのネタを

ありがとッ!

ありがとッ!

や“あっぱれ!”でやってたときはガッカリしました。あそこ行くと、キー局の番組のタイアップ・パブのポスターが壁にどっさり。なんもん、入谷銀座のメンチカツ屋と何にも変わらんじゃないか。

んな時、こないだの“ありがとッ!”のFAX・メールが種の

“最高のメンチカツ”

ネタにピンときたんです。あれやこれや視聴者から情報が寄せられたじゃないですか。あれのノウハウをもっと活かすんです。これぞどこの局も持ってないtvkの強みでしょう。

“saku saku”

なんかは

黒幕さん(菊谷宏樹ディレクター)

が“卒業”して、

米子(矢倉睦美ディレクター)
IKA(稲富大介ディレクター)

が孤軍奮闘してますけど、知る人ぞ知る

竹家食堂

が関内に支店出した・・・あんなネタを拾ってくる辺り、“saku saku”はまだまだイケる! と思ったものです。

tvkには、“カナガワでしかできないこと”をもっとやって欲しい。

でも、ササキタイキは東京で消耗するのです

こうやって、

神奈川っていいな、横浜っていいな

とか

tvkにはもっと頑張って欲しい

とか、客観的に見ることができる東京という場所は現状のオイラには最高の住処なのであります。

J:COM調布のtvkデジタルがどうなるか・・・って懸念がありましたけど、文句をさんざん言ったので何とかしてくれた上、帯域の空いた分テレ玉を戻してくれるというオマケ付き。

宇野常寛

辺りが“ヘン! 古くせえ”って言いそうな

“オールドメディア”(紙媒体・放送媒体)

の“アーリーアダプター”をめざすには、東京くらい格好の場所はないのです。

でも、消耗しちゃった・・・のも事実ですけどね。八王子辺りで(笑)。かといって、ジモト・横須賀にいたところでもっともっと腐ってただろうし。現に横須賀は日本一人口の減る街になりましたしね。

まあ、死ぬのは横浜か川崎がいいけど、足がピンピンしてるウチは新宿までドアツードアでたった30分って“地の利”で頑張るのであります。この都心への近さが便利でたまらないのです。

最近、15年ぶりに大学図書館のライブラリカードを作りました。新宿への定期券も買いました。まだまだPCやスマホでは分からんことを追求していきたい。

“ササキタイキは東京でほどほどに消耗します!・・・あと20年は”

でも、総務省あたりがJ:COMにイチャモンつけてtvkやテレ玉が映らなくなる・・・って事態になったらなんとしても引っ越します。埼玉には行きたくないな、やっぱり神奈川。

屋根の上のUHFアンテナが三ツ池か平塚、小仏城山に向いていることを確認して・・・。

社会学者の世代交代

それにしても

“現代ジャーナリズム事典”

“ブログ”

の項を

濱野智史

が執筆してるのに驚きました( ´Д`)。彼はただのアイドルヲタ・・・それが波及してアイドルプロデューサー。そんな認識しかなかったんで。

津田大介

はともかくとして、

宇野常寛

あたりもキー局でドラマ評論うんぬん抜かしてますけど、放送を平気で

“オールドメディア”

と呼んで憚らない。

ヲタと社会学者、ジャーナリストの境目ってなんでしょうね? オイラはただのヲタですか? tvkについての論文書いた社会学士なんですけど。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク