【ベイスターズ熱烈LIVE】まさに"やればできる"ことを実践した | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【ベイスターズ熱烈LIVE】まさに“やればできる”ことを実践した

シェアする

関連記事

いやあ、きょうの

ありがとッ!

ありがとッ!

を見ていて吃驚しましたよ。突如、

“熱き星たちよ”

が流れてきて、

出演者一同“I LOVE☆BAYSTARS!!”

そして、ベイスターズのユニフォームのレプリカに身を包んだ

佐藤亜樹アナ

佐藤亜樹アナ

が登場。中日との4位争いについて解説。

松風雅也“クライマックスシリーズ進出はあるんですかね”
佐藤アナ“ムリです”

野球に詳しくない主婦層に、その辺を解説することも大切・・・。

それはさておき、

佐藤アナ“きょうが本拠地ハマスタ最終戦、tvkでも中継があります!”

横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE

へ? もう終わったんじゃなかったのか? それだけに留まらず、

佐藤アナ“実況は吉井祥博アナ、解説は野村弘樹さん、きょうはゲストにトミタ栞さんを迎えてお送りします!”

吉井祥博アナ
トミタ栞

高校野球シーズンに中継すらしなかったtvkに何が起こったのか? まさか、

“毎年同じ事書かせんじゃねえよ”

っていうこないだのポストを関係者がまた見ていたのでしょうか? てっきりもう中継がないものだと思い、HDDのキーワード予約も削除したところ・・・きょう、本当に“ありがとッ!”をオンタイムで見ていてよかった!

というわけで、早速中継を拝見しました。本当にゲストにユニフォームレプリカに身を包んだトミタ栞が・・・特に

saku saku

で予告もしてなかったのに、ここまで力を入れるとはスゴい大英断ですね。

スポンサーには“ハーバー”でおなじみの

ありあけ

といつもの

ミツウロコグループ

が・・・ちゃんとやる気を見せて中継をすれば、スポンサーはついてくるのですよ。

むろん、パブリシティも。居酒屋

“亀松”

中央立花グループ

の店員による応援メッセージも挿入されていました。ウチのブログに

“中央立花グループ CM 感想”

ってアクセスがありましたから、決裁の出せる人間がネット上の反響を見極めてまたパブリシティを打ってくれたのですのね。

そして、横浜に“ハーバー”を見事復活させた“ありあけ”の

藤木久三社長

からのメッセージも・・・。

“ハマのゴメス”

こと

後藤武敏選手

が同点ホームランを打てば

トミタ“ホームランを生で見れるなんてスゴい!”

とか

トミタ“横浜スタジアムで試合をすると、何か違うモノなんですか?”

なんて素直な感想を寄せるトミタ栞。彼女、野球の知識がそれほどないだけにシロウト目線でいいことをツッコんでくれますね。

吉井アナが

“駅から近くて横浜公園に囲まれ緑が多くて・・・そして帰りに飲む店に事欠かない”

なんてトンチンカンな事を言うのを尻目に、

野村弘樹“他球場に比べて狭いことです。そしてハマ風も吹くんでライト側にホームランも出やすい。そこが東京やナゴヤのドームと違うところです”

っていう的確なコメントを返していましたのは流石。うーん、きょうは

森田浩康アナ

森田浩康アナ

がブッキングできなったのかな・・・。

それにしても、トミタ栞。

黒幕さん(菊谷宏樹ディレクター)

から

バカ

って言われてましたけど、利口な子だと思いますね。

試合は残念ながら4×1で破れ、ベイスターズの4位浮上はかなり厳しいものになりました。それでも中継の尺ギリギリながら本拠地最終セレモニーで流した映像も見れて・・・。

ホントにtvkの

“ジモト愛”

を体現する中継で、まさに

“やればできるじゃないか”

を実践した中継ぶりでした。ちょうどキヨシの続投も本日発表されタイミングもよかった。

だからですね、社員・関係会社の人間が“ジモト愛”を見せていれば自ずとスポンサーはついてきますし、視聴者もついてくるのですよ。“40時間テレビ”でその魂を見せて、燃え尽きちゃったのかと思ったらそうじゃなかったことを示したのですから、来年度は更に奮起した中継ぶりを期待します。

以前のように草薙やビジター神宮、サンテレビの阪神戦のネットは難しいでしょうが、平塚・相模原の中継の復活も期待しますよ。

最後に苦言。これだけジモト愛を見せているのにスポンサーにつかなかった

DeNA

って会社にはホントガッカリです。ガラケーバブルがはじけてなかなか厳しいのでしょうが、せっかく東京の4割の世帯が見ているチャンネルで中継してもらいながら、この仕打ちはないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!