【つれづれ】日テレ内定取消ネタに見る"タイトル"の重要性・・・テレビもね | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】日テレ内定取消ネタに見る“タイトル”の重要性・・・テレビもね

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




いやー、ビックラこいた

それにしても、

笹崎里菜

さんの内定取消訴訟ネタ。

ウチのブログが“ジワジワくる”のは何故なのか?

なんて書かせていただいたわけですが、余りに数が多いので不審に思い

「日テレアナ 内定取消」

で、ググってみたんですよ。そうしたら・・・。

上位4番目!(2014/11/12 8:00現在)

Googleキャプチャ

これには驚きました。きっと数々のニュースサイト(しょうもないものも含む)や

2ちゃんねる
NAVERまとめ

あたりが上位にヒットすると信じていたんで。まあ、いずれ沈んじゃうんだろうけど・・・。

ここで、ネット・映像産業もひっくるめてこれからの“コンテンツ”に必要な要素を思い返しました。いや、昔も今も一緒だな。

それは、

タイトル要素
品質(クオリティ)

です。

タイトル要素

これはブログのみならず、テレビ番組における

タイトル
新聞のテレビ欄
EPG

にも言えることでしょう。

テレビ神奈川(tvk)

tvk

の人気コンテンツでいえば

saku saku
キンシオ
ありがとッ!

のような“言いやすい”タイトル、

クルマでいこう!
あっぱれ! KANAGAWA大行進

のような万人にコンテンツの内容を問わずとも分かる“分かりやすい”タイトルです。

二昔前に言われたことですけど、

“人気番組は4文字に略せる”

なんかも言われましたよね。“いいとも”とか。

じゃあ、

5時に夢中!

でも

○○○は倒産するべき

とかでもいいんじゃね? とか言わないでくださいよ。

コンテンツは常に“質”を問われる

多メディア多デバイス時代、これからは世の中更に更に“細分化”していくかと思います。

前にも書きましたが、四流大学生や土木作業員に

“朝日や日経を読まないとバカになるよ”

って言っても読みませんよ、日刊ゲンダイのアダルト女優の裸見てニタニタしているのが関の山・・・と書いた通り、今までもその辺の

セグメント

はデキていたわけですが、ネットという

玉石混淆

なメディアであるからこそ、更にそれが問われると思うのです。

ネット時代になっても朝日・日経の電子版を読む読者はいるでしょうし、2ちゃんねるやNAVERまとめで十分っていうヤツもいることでしょう。

今月号の

GALAC

GALAC (ギャラク) 2014年 12月号 [雑誌]

新品価格
¥780から
(2014/11/12 09:06時点)

でドワンゴの

川上量生

会長が

“サイレントマジョリティが騒ぎ出した、それがニコニコのコメント”

って言ってましたけど、その“サイレントマジョリティ”って要するに

“日刊ゲンダイを網棚で拾い、女優の裸見てニタニタしていた層”

そんなもんかと思いますね。川上会長には悪いけど。

Googleは質を見ているよ

オイラが言うのは烏滸がましいのですが、多くのブロガーに言いたいのです。

“Googleは質を見ているよ”

って事です。

“佐々木依里でNAVERまとめに勝った”

でも書きましたけど、今回の事例でもそれが実証されたと思うんですよね。

むこうはただのまとめ記事なワケですが、じっくり内容を見ているウチをGoogleが上位に上げてくるんです。

まあ、ウチが“いや、くだらないよ”って言われちゃお終いですけど・・・。

問われる“EPG”でのタイトルの付け方

そして最後に。テレビの

EPG

でのタイトル要素。コレも重要だと思いますね。NHKやキー局なんかはすでに

“工夫”

していますけど、tvkなんかは

saku saku
キマグレンのオンガク開放区

なんかでタイトルにゲスト名を添えるようになったのは最近のことです。遅すぎです。

“首都圏トライアングル”

なんかもあって難しいのかも知れませんが、これは是非工夫して欲しいと思います。キー局と同じ土俵だと、つねづね申し上げているとおりです。

tvkの編成局のみなさんへ。

最後に

それにしても、今年の8月6日の

中国放送(RCC)

中日×広島

戦の新聞の番組表は“見事”でした。万感うつものがありましたね。中国放送はホンマにいい局だ。

東京ニュース通信社
日刊編集センター

で若干違ったりしたんですかねえ? なんだか中国新聞が・・・みたいなネット記事もあったもので。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!