【つれづれ】昭和大学附属烏山病院の発達障害外来を予約したよ | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】昭和大学附属烏山病院の発達障害外来を予約したよ

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




サーバー移転作業で“消耗”

まったく、週末のサーバー移転作業には参っちゃいましてね。

Movable Type

MovableType

のオワコンぶりったらないですね。バージョンアップすればするほど使い勝手が悪くなってる。

で、結局ハイスペックなサーバーに移転したはずが、余り体感できないし・・・って、それはオイラがプロバイダの料金を払って無くてフレッツを使えないからです(汗)

もう、ニッチもサッチもどうにもブルドッグ! な状態なところ・・・

Cクリニックの医師と大ゲンカ

“近所の駆け込み医”として期待していた、

Cクリニック

なんですけど・・・大いに裏切られましたね。

駅前のキレイなビルにできたクリニックでAdWordsやらフェイスブックやらやってるし、気にはなってたみたいなんですよ。妻が。で、罹れって・・・。

まず、オイラってどうしてもオーバードーズの気があって・・・。それを足りないから処方してもらおうとしたんですよ。

そうしたら土曜日に

“ジェイゾロフト”

の副作用の

“下痢”

で歩いてる道の真ん中で

“とんでもない”

ことになりましてね。結局、家に引き返す羽目に・・・。

予約を入れ直そうとしたら、

“午後は医師が学会で休診です”

って言うんですよ。オイちょっと待て、土曜にかかれるって言うから選んだんだよ、この医者を。

予約制だったのも最悪のクリニックだった

“代々木の森診療所”

のように順番制に変わってしまった。これをメンタルクリニックでやるとどういう事になるのか分かりもしないのかね? 5時間待ちとかザラだぞ。

で、肝心の医師。

K.T

って言うんですけどね。オイラを“広汎性発達障害”と抜かした医師です。

まず、まあITに長けた医者なのか? と思ったら、真逆。電子カルテに悪戦苦闘しているような・・・。ちゃんと記録残してるのか不安になってくる始末。

“クスリ? 14日分出してるでしょ? 出せないね”

まあ、それは百歩譲ってイイでしょう。自分の過失ですから。それまでは良かったんですよ。

ササキ“こっちは精神的に相当追い詰められてるんですよ”
T医師“そりゃJ:COMやケータイ電話の話でしょ。キミはクスリに何を期待してるんだい?”
ササキ“思考抑制への発奮とか・・・”
T医師“んなもん、自分の気の持ちようでしょ。クスリは減らさなきゃダメだ。キミね、話聞いてると全部物事人のせいにしてるんだよね”

もう一つ、どうしても許せない一言を吐かれたんですが、それはここには書きません。まあ、“何事も人のせい”っていう余りの言葉に怒りがこみ上げてきました。

木村優吾(@kmryg)がネカマぶっこいて嫌がらせメールよこしてきた時と同じセリフ吐いてんじゃネエよ!!

ケンカ

って。もう、その後は暴発ですよ。

ササキ“じゃあ両親が離婚したことも、会社が倒産したことも、学校の時に壮絶なイジメを受けたことも、みんなオイラのせいだって言うのか!!”
T医師“キミね、きょうはお代は要らないから帰りたまえ!”
ササキ“ああ、願ったりかなったりだな!! 二度と来るか! こんな医者!!”

その後、T医師が反省したのか、出口にやってきました、

T医師“また良かったら、ウチに罹りなよ”
ササキ“冗談じゃネエよ!! 二度と来ねえからな!!”

最後はできたばかりのキレイなオフィスに診察券を破りつけ、ツバはいて帰ってきました。

ケンカ

この辺、見事に父と母のDNAを継いでるな・・・と、思わざるを得ず。

で、帰宅

もう

どっちーも

も有効期限が切れてるモノですから、地元で医者はないか探してみたんですが・・・。

“新規受け入れはしておりません”
“早くても来週の金曜日になりますかね・・・”

ってな具合。さあ、困った。結局、駆け込んだのが、ウチの真裏にある

昭和大学附属烏山病院

でした。この病院、本格的な入院病棟を抱えてる・・・って、オイラが烏山に来たときは見事な“隔離病棟”みたいな作りでしてね。

いつしか、今のようなキレイな作りになった途端、跡地はタワーマンションに・・・。

毎日新聞

毎日新聞

が楽天と組んでタブレット購読キャンペーン(→詳細はこちら)をやるような2LDKで家賃23万円もする高級タワーマンションが建ちましたけどね。精神科病棟の跡地に住んでるのよ、君らって陰でせせら笑ってます。

発達障害外来を知る

昭和大学附属烏山病院

のサイトを見ると、

発達障害外来予約受付のお知らせ

ってのがあるじゃないですか。成人向けのアスペルガー、ADHDの発達障害を扱ってる医者が希有で、電話が殺到しているとか。

問い合わせてみると、とりあえずフツーの精神科なら予約は要らないって話なんで、予診→診察と行きましてね。

東京女子医大やCクリニックが電子カルテって言うのに、未だに紙のカルテ・・・。処方箋も手書き。大丈夫なのかよ、やっぱ発達障害外来の目処が決まったら転院だな・・・と。

そんなワケで、本日8:30から予約開始だったんですけど・・・。

リダイヤル600回でもつながらず

予約受付は電話でって話、“電話回線輻輳のお知らせ”が流れる可能性がある・・・ってな告知も出てましてね。BOOWYの東京ドームの電話予約かよ! とか思ったんですが・・・で、8:30から電話するとその通りの展開になりましてね。

2時間、600回iPhoneのリダイヤルボタンをタップして、ようやくつながりましたよ。平成のこの世にこんな原始的な・・・。

窓口“まだ大丈夫です。よかったです! 先生にご指定はございますか?”
ササキ“ちょっとホームページを見てみます・・・・”

すると

K.T

の文字が・・・なんと、烏山病院にもタッチしてるのか。あの医者。

ササキ“スミマセン、T先生とはもめたんで辞めてもらえますか? できれば女医がイイですね・・・”

まあ、女子医大で女医になれちゃったってのもあるんですが。そんなワケでとある女医を指定しました。

窓口“まずご用意頂くのが、母子手帳、学校の通知表、あとどなたか同伴者・・・”
ササキ“母は病没、父