【つれづれ】え? だいたいブロガーの変化に興味なんてある? | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】え? だいたいブロガーの変化に興味なんてある?

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




耳かっぽじって“読んだ”

今朝、いつもの

イケダハヤト

イケダハヤト

君がこんな記事をあげていました。

ブロガーたちよ。読者が本当に求めているのはあなたの「変化」だ

まずのっけから

“耳をかっぽじって聞くといいですよ”

ってな感じで、まあ彼なりの“筆致”だな・・・と思ってガマンして読んでいたんですけどね。

変化

要するに何が言いたいかって、

“既存のニュース系ブロガーへのdisり”

“自分の高知移住の成功”

それだけなんですよね。

変化しててもヒトとして興味を持たれねば終わり

彼は

“nanapi”

を例に挙げ、

“役にたつことを書いていればアクセスは稼げるかも知れないが、そこにワクワクはない。「iPhone初心者に役立つ10つのワザ」なんて書いていて面白いのか?”

って問いかけているんですけどね。

そもそもブログなんて、

“面白い”
“ヒトとして興味がある”

って事がなければ、“役に立つ”ことが書いてなければPV稼げないんじゃないですかね?

例えばオイラが、

“DH社で消耗した”
“インテリジェンスにメッタ差しにされた”
“発達障害と診断された”

なんて大きな“変化”なワケですが、なんのアクセスにも結びついていません。

イケダ君のブログのアクセスがあるのは、なにより

“役に立つことが書いてある”

って事の積み重ねがあって読者もついてきて、そこに

“高知移住”

ってキーワードが加わり、ノマドライフに興味がある人も惹きつけた・・・それだけにすぎません。

シロウトの“役に立つ”ことがないブログは価値がない

中川淳一郎

中川淳一郎

氏が

“今日のランチはカルボナーラ”

なんて数々のアメブロを否定してかかっているのはそこで、

“他人のどうでもいい日常”

って話ですよ。オイラの発達障害云々なんて、まさに他人にとっては

“だからなんだ”

ってな話で、イケダ君の高知移住も読者じゃなければ

“だからなんだ。勝手に引っ越せば?”

なんです。

まずは“読者を惹きつけるチカラ”が必要だ

決して彼の言っている事を否定はしません。現に高知移住でプロとして“成功”しているワケですから。

でも、同じような地方移住の先例に

おまえは今までスキャンした本の冊数をおぼえているのか?

牛嶋将太郎

さんがいて、別に新ジャンルじゃない。そして、牛嶋さんとて初めは

自炊

を分かりやすく解説する・・・要するに

“役に立つことが書いてある”

っていう“下地”があるんですよ。

“高知移住くらいのことしてみろ”

ってイケダ君がそこで威張る要素は何も見いだせません。

って、これも彼独特の“disり芸”ですな

牛嶋さんもかつて指摘していましたが、これも彼独特の

disり芸

で、それが面白くてアクセスしてくる人間はたくさんいるわけですから。ヒトとして“惹きつける”要素がある・・・って話ですよ。

だから、オイラに何があるか? ったら、

“役に立つ”

ことを書いて読者の興味や信頼を得る・・・それしかないんです。

異性ではありますが、

はあちゅう

はあちゅう

が何故に多数の同性の共感や興味を得るかってたら、

“惹きつける”要素

があるからでしょ? 彼女のFacebookのタイムラインなんて、

“慶應→電通まで出て何やってんだ? この女”

としか思わない。それも彼女のidentityで、イケダ君同様の

“嫌われるファクター”=ヒトとして興味関心を得る

ってのも忘れてはならないところで。

イケダ君やはあちゅうのマネはオイラはできないから、PVが伸びないわけです。それこさ

“ミナコ、家を出る”

なんてアクセス伸びたっていいはずで。女房が出ていくなんてこれほどの大きな変化がありますか?

まとめ

要するにイケダ君の言うことを真に受けず、

“役に立つ事が書けるヒトは思う存分書いてください”

って、声を大にして言いたいのであります。

最後に、耳をかっぽじってもブログ読むのになんの影響もありませんわね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!