【地デジ化】デジアナ変換終了目前! もう一度対策をまとめますよ | ササキタイキの思うツボ
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/km64975/taiki-sasaki.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【地デジ化】デジアナ変換終了目前! もう一度対策をまとめますよ

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




もう、待ったなし!

さて、

J:COM

J:COM

あたりでは次々と

デジアナ変換

が終了しています。当初の予定通りですしVHF帯を空けるのは世界の趨勢で国策ですし、まあ、仕方ないと思って下さい。

今までアナログテレビでテレビをかろうじて見ていた視聴者も、対策を打たなければ完全にテレビを見られなくなってしまいます。

“テレビの契約をやめる”

ていう選択肢をとらないのであれば、以下に挙げる対策で是非テレビ視聴を続けて下さいませ。

なお、

デジアナ変換

を視聴できている世帯は

J:COM

フレッツ・テレビ

フレッツ・テレビ

の引き込み済み世帯だと思われますので、それを前提に書きますよ。

デジアナ変換終了に伴う対策

デジタルテレビを買う

もう、これが一番手っ取り早いわけです。

今や、16V~20V程度の機種であれば16000円程度で買えますからね。ただ、これくらいのレベルの機種だと画質の向上の体感は望めません。やはりせめて32V型以上のテレビを買うのをオススメします。置き場所があれば・・・の話ですが。これも運が良ければ30000円位で買えるんじゃないですかね。

外付け地デジチューナーを買う

コレが一番の安上がりです。5000円を切って買えるんですから、画質はどうでもいい、見れればいい! とにかく安く! って方はこちらをどうぞ。デジアナ変換終了間際には値上げ+品切れも予想されるので購入はお早めに。

ブルーレイレコーダー+HDMIモニターで視聴する

これがあまり報じられてない隠れたオススメでして、今や

ブルーレイレコーダー

も30000円程度でいっぱしの機種が買えます。

これに

HDMIモニター

を接続し視聴すれば、いっぱしのデジタル録画環境ができあがりです。

おまえはスキャンした本の冊数をおぼえているのか?

牛嶋将太郎

さんがこの機種を勧めてました。オイラも気になってます。

残念ながらリモコンで音量調節ができないというデメリットはありますが・・・。

J:COMと契約する

J:COM引き込み済み世帯なのであれば、これを機に

J:COM

の加入を検討しちゃいましょう。

Smart J:COM BOX

BD-V302J

の契約であれば

5280円/月(税抜)

です。やはり70ch以上が視聴できるってメリットはデカイですよ。見るヒマがないよ、っていうんであれば、

録画機能付

WA-8000

もありますよ。

6080円/月(税抜)

で利用できます。

これにHDMIモニター接続という手も

Smart J:COM BOX

に外付けHDMIモニターを接続して・・・という手もあります。

一応、オイラが使っている

ID DATA

の最新機種のリンクを張っておきますね。

テレビがモニターと差がない位安くなってるので、あまりオススメできない選択肢ですけど。

一番オススメなのはテレビ買い換え

やっぱり、オススメはテレビ買い換えですかねえ。今、テレビも本当に激安ですからね。

とりあえず、Amazonでテキトーに検索した機種のリンクを張っておきますが、こんな価格で買えるんですから。今。ただこの機種、BS、CSは見られないので注意は必要・・・。

ともあれ

デジアナ変換

画面右上にこの表示がある方、

“このまま放っておくと大変なことになりますよ”(←“家庭の医学”の来宮良子)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク