【つれづれ】Googleも先生とは名ばかりで利口じゃないねえ、ソフトバンク光は"強制"開通してますよ | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】Googleも先生とは名ばかりで利口じゃないねえ、ソフトバンク光は“強制”開通してますよ

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




Googleって“先生”でもなんでもない

google

ソフトバンク光

ソフトバンク光

ですけどね、もうとっくに“強制的”に開通してますってば。



なんで“やめた”って記事だけを上位に上げてくるんだろうか?

まあ、単なるアルゴリズムのGoogleに文句言っても仕方ないんで、その後の“顛末”をまとめますよ。

光BBユニットはマストです

“なんたらまとめ”あたりでは

“要らないから返却汁!”

なんて言われている

“光BBユニット”

ですけど、ソフトバンク光を使うならマストです。

BBフォン

が使えますし、なにより

IPv6+IPv4ハイブリッド接続

をソフトバンク光で・・・って場合は、この装置はマストなんですよ。

オイラ、

GMOとくとくBBでつながらなくなった

って言ったじゃないですか? どうもその瞬間、工事日にIPv6対応の切替工事をしていた・・・みたいです。

“ソフトバンク光は遅い!”

って書きましたけど、殊にIPv6対応サーバー接続に関してはメチャクチャ速いです。

IPv6でスピードテストができるところがないか探したところ、過去のトラウマで嫌いな会社ですけど、

IIJ

が国内では唯一提供してました。

IPv6測定結果

これだけの速度が出れば文句なし! ただ

ホームゲートウェイ

のIPv6パススルーとかの設定とかが必要なんで、ちょっと一般ユーザーにはハードル高いかなって感じですけどね。IPv6何やそれ? って感じでしょうし。

黙って旧機種を送ってくるソフトバンク

それと気をつけねばならないのは、

光BBユニット

は何も言わないと、

E-WMTA2.2

って旧機種を送ってきます。って、言ったハズなんですが・・・。

この機種、

IEEE802.11ac

には対応してないんで、acでつなぎたいなら

E-WMTA2.3

って最新機種を送ってもらいましょう。念押しておかないと、勝手にやられます。困ったもんだ。

IPv6アドレスとMACアドレスが衝突?

それと、昨日やっとノートPCを

E-WMTA2.3

のWi-Fiに接続したんですが、

“IPv6アドレスとMacアドレスが競合しています”

なんてワケの分からないエラーが・・・一応、

Windows 7

のBootCampですけどね。

E-WMTA2.3

に払い出しアドレス変える機能もないし、IPv6の知識は全くないんでアドレスを固定するアタマも持ち合わせていない。

仕方なく、有線での接続に切り替えました。まあ、この方が速いわけですし、いいっちゃいいんですけど・・・。

でも、

E-WMTA2.3

に附属してくるケーブルはフラットケーブル・・・これはいただけないですね。梱包しやすい、コストカットでしょうけど、ケーブルで速度は変わりますからね。

カネがあれば、ケーブル買うんだけどね・・・トホホ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!