【つれづれ】佐藤亜樹アナに続いて三浦綾子・翁長舞アナあすで退社! どーなるんだ、tvk? そしてササキタイキから贈る言葉 | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】佐藤亜樹アナに続いて三浦綾子・翁長舞アナあすで退社! どーなるんだ、tvk? そしてササキタイキから贈る言葉

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




1月末の佐藤亜樹アナに続いて・・・

1月の

佐藤亜樹アナ

佐藤亜樹

の退社の報にも驚きましたが、3月をもって

三浦綾子アナ

三浦綾子アナ

翁長舞アナ

翁長舞アナ

もtvkを退社することが分かりました。どのアナウンサーも局への貢献度は計り知れず、ただただその報に驚くばかりです。

にて、佐藤亜樹アナの退社の報に“軽く”触れたので、ここで3人への“贈る言葉”を認めたいと思います。こういう眠気が走ってるときじゃないと“クサイ”言葉も吐けないと思うので・・・。

贈る言葉

佐藤亜樹アナへ

佐藤アナの事を知ったのは、2002年で旅行で仙台へ訪れたしたときです。泊まったのは一関(岩手県)だったのですが、まだアナログ放送時代で12chで

仙台放送

仙台放送

を受信できました。

ヨジテレビ!

っていうしょうもないタイトルの夕方ワイドの司会をしていたと思います。特にタイプってワケでもなかったのですが、その明朗快活なキャラクターが強烈に印象に残りました。

そんな佐藤アナが、まさか

TVKテレビ(当時)

TVKテレビ

にやってくるとは思ってもみず。いや、その時は新社屋に移った後、オフィスフロアにスタジオを作り

tvkスポットニュース

を顔出しでやるなんて思っても・・・で、それで

相賀真理子アナ

相賀真理子アナ

大原裕美アナ

大原裕美

と入社し、実質“局アナ”が2名増えまして。

最初に担当した

“ハマランチョ”

ハマランチョ

は佐藤アナの個性を発揮していた・・・と思っていたものの、

“みんなが出るテレビ”

では、散々な思いをして。オイラも誰とは言わないけれど、後年「宝くじ幸運の女神」なんてやってた某女子大生が(←言ってるじゃないかよ)、

“猿島わかめ”

だかを取材して、最寄り駅を

県立大学駅か浦安駅から徒歩15分

とか手書きフリップ書いてきて、ぶっ飛ばしてやろうかと思いましたw

松尾翠

松尾翠

の前でも捧げた

“あなたたちテレビナメ過ぎです”

は名言ですね。

が、その後担当した

あっぱれ! KANAGAWA大行進

あっぱれ! KANAGAWA大行進

はデビット伊東との名コンビを見せ、キー局タレントの彼が12年間も出演し続けてくれている“礎”を作りました。

“カルチャーShow-Q ”

はいささか消化不良だったかな。同時6局ネットの試みでしたが、tvkのカバレッジエリア以外での知名度が無かったし・・・。

が、その後にメキメキとサッカーを皮切りにスポーツ実況で力量を見せ、早稲田のスポーツ科学科で学んだ事を活かしてフィールドを広げて行きまして。ついにはプロ野球・高校野球実況まで。それに毀誉褒貶あったのは事実ですが、自分は見事な仕事ぶりを見せてくれたと思っています。

今後、他局でこの経験が活かせるフィールドがあるかどうか分かりませんが、是非活躍をお祈りしています。11年間お疲れさまでした。

三浦綾子アナへ

三浦アナを初めてみたのは、

新潟テレビ21

スーパーJチャンネルにいがた

でした。その時は垢抜けないフツーのアナウンサーって印象で・・・。

そんな彼女がNT21(当時)を突如退社、新潟ではネットで大騒ぎになったのを覚えています。その後の消息も分かりませんでしたし・・・。

ところが、2006年3月に

tvkスポットニュース

で突如顔を拝見し・・・名古屋嬢みたいに変身していてビックリ。そして異例なことに入社1ヶ月で

ハマランチョ

の水曜MCを担当することになりまして。それが見事な名MCぶり。

テミヤン