【つれづれ】我が闘病記(1)~体調悪いなら専門医に診てもらえとの事なので~ | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】我が闘病記(1)~体調悪いなら専門医に診てもらえとの事なので~

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




思えば・・・

この時点で体調不良は感じていたんですよね。この暑いのに謎の悪寒、喉の痛さ、食欲不振・・・

仕方なく主治医に電話

仕方ないので

昭和大学附属烏山病院

の主治医のI医師に

“葛根湯でも処方してくれ”

と電話したわけです。とにかく駅前あたりの病院まで歩いて行く気力もなかったんですよね。

“処方外来で構わないので”

と申し伝えて。そうしたらご当人に電話がつながったわけです。

そうしたらにべもない返事

I医師“そういうのは内科に診てもらうのが本筋じゃないですかね”

とのことでした・・・この時点で、体調がとことん悪化するまで放置することになります。

体調極限まで悪化、這うような思いで病院へ

熱はないのですが、兎に角気管支あたりをやられてる気がするんです。息苦しくて目が覚めるし・・・そのため5月19日、這うような思いでジモトの救急指定医の

世田谷下田総合病院

に罹ったわけです。大きな病院なら同じ救急指定医の

久我山病院

の方が質の高い診察が期待できるのですが、いかんせん久我山。我が家からは遠い・・・。

そんなワケで歩いて行ったわけです。

闘病記

診察は運良く院長に当たる

当日の内科の診察は院長でしてね。ついてるな~とか、勝手に思ってたんですよね。

が、風邪ひいてる患者なんて多くなく待ってる患者も少ないってのに、時期だって言うのかなんだかMRを先に通すし、結局1時間待たされましたよ。

で、症状を話すも

別に詳しい検査もしようとしないんですよね。この病院。10日体調が悪いんですよ? レントゲンくらい撮ったらどうかと思うんですが・・・。

結局、処方されたのは、

カロナール(オイラの希望)
ナウゼリン(オイラの希望)
クラリス
フスコデ
リカバリン
アンプロキソール

そして、

ホクナリンテープ

とかいう気管支に効くっていう胸か腕に貼るテープです。オイラはヴィックス・ヴェポラップをママに塗ってもらうガキか?

で、一応飲んで様子を見てみたんですが・・・。まったく良くなりません。ホクナリンテープに至っては、貼ったところでだからなんだっていう感じで・・・。毒にも薬にもとはよく言ったもんで。

結果、体調はますます悪化します。

闘病記

(つづく)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク