【つれづれ】ネットでメシ食うと決めた以上は"嫌われてナンボ"なのか・・・疲れてしまってては負けだ | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】ネットでメシ食うと決めた以上は“嫌われてナンボ”なのか・・・疲れてしまってては負けだ

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




ブログのアクセスを増やすにはTwitterのフォロワーを増やすのが効果大・・・ですが

ブログのアクセスが増えない・・・って、嘆いているいつものオイラ。

なんでこんな事になってしまったのか・・・。ハッキリ言ってTwitterって嫌いなのですよ。Facebookも好きではありません。SNSって苦手です。

なぜならば、人間の素が出るからです。2010年頃から2012年まで、オイラはドップリSNSに浸かっていました。mixi、Twitter、Facebook・・・。

ところが、Facebookでは旧友からTwitterから自動ポストしていた投稿に

“Twitterの投稿はTwitterにコメントして欲しい”

と言っただけで、Twitterのフォローを辞めたと言われ、それから口も聞いてきません。

その頃も、Windows2000のIPv6対応が・・・ってポストしたところワケの分からないヤツに絡まれたり、名駅と岐阜がJRで近いと

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

絡みでとある人と遣り合っていたところ、

あそこはJRと三セクが競っているところだから一緒くたにしたらダメだ

とかいう、三セクが何かも分かってないバカから横やりが・・・。

挙げ句の果てにはサクサカー。

saku saku

Twitterで6ヶ月ぶりくらいにとある人からリフォローされたんで、

“今更なんだろう、アジャパァ!”

と書いたところ、当件とは全く関係のない人間が激怒。

“迷惑ならブロックすればいいだろ! 知り合いをバカにされて許せない!”

とかね・・・。何をバカにしてるんです? アレでTwitterとmixiは完全に見切りました。

ハッキリ言ってネットはバカで溢れている

ネットって、要するに“バカの巣窟”なんですよね。SNSなんてハッキリ言って“ソーシャル”なんて言葉を使って欲しくないくらい。2ちゃんねるが匿名じゃなくなった・・・そんな代物ですよ。

利口な人間はセコセコ働いて地道にカネを稼ぎ、家庭を持ち・・・なんです。ネットでうまく稼いでいる人間は、理路整然としたきちんとした主義主張を持っている人たちだけです。

津田大介

同感。昔は“論壇”というものがあった。論客がいた。それがネットに移ってどうしようもない場になっている。津田大介氏の言うとおりです。

でも、そんな東浩紀氏も・・・

常見陽平

氏と何かあったようで・・・でもそんなのヨソ、せめてメールででもやってて欲しい。誰でも見れるところで言わないでもらいたい

オイラがしょうもないヤツだな、と1年くらい前に見限った

宇野常寛

宇野常寛

に対する論評・・・ハッキリ言って誰もがエヴァや仮面ライダー見てるわけじゃねえつーのw 社会学者を気取るなって言いたいんですよ。

イケダハヤト君の久々の名文

イケダハヤト

ホントに同感! オイラは

SEALDs

に共感してるし、陰ながら応援しています。オイラのような典型的自民党支持者すら、今の政権にはウンザリしているのですよ。それを薄っぺらい理由でネットで提灯持ちするヤツらにも。

ダメなものにはダメだと言おう

オイラは政治的な発言等は控えてきました。それを忌み嫌い嘲笑するバカヤロウの有象模造が集ってるところもネットにはありますしね。それにTwitterで疲れちゃってたと言うのもあります。

良くも悪くも、「見られて」しまう時代です。かといって、空気を読んで振る舞いを整えたり、匿名アカウントを別に用意するのは疲れます。「ありのままでも恥ずかしくないし、嫌われても全然OK」と断言できる自信とタフさを身につけましょう。 ぼくの人生はフルオープン状態ですが、誰かに嫌われても全く問題ないし、もっと多くの人に嫌ってもらったほうが、逆に生きやすいとすら感じています。その意味で、今はいい「圧力」のかかった時代だとも思います。

まあ、コレが行き過ぎちゃうと

こんなのになっちゃうんでしょうけど、或る程度は“嫌われても”いいや、と開き直った1日16時間も寝てしまったダメ人間の日曜日。

最後に中川淳一郎氏

中川淳一郎

代弁してくれてありがとうございます。

オイラは派遣社員時代、手取り月35万~50万は稼いでいました。ただの

tvk

ヲタじゃねえんだよ。働き蜂に精神的に疲れちまっただけだ。悔しかったら25歳で月50万稼いでみろや! なめんじゃねえよと言いたい。

嫌われる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク