【小ネタ】[横須賀]よく立ち上がった! そうなんだよ、寂れゆく浦賀を興すためには住民のチカラが不可欠なんだ | ササキタイキの思うツボ

【小ネタ】[横須賀]よく立ち上がった! そうなんだよ、寂れゆく浦賀を興すためには住民のチカラが不可欠なんだ

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




9/9毎日新聞横浜版より

毎日新聞

自分が衣笠から浦賀に越したのが24年前・・・華やかな衣笠からの引越・・・駅の利用者は多いけど寂れた街だなあ、と言った印象。駅前にデンと構える病院・学校・・・商店は端っこで申し訳なさそうに営業している。きちんとしたリビルドがされてないといった感じでした。

今でこそ書店もありますが、オイラが越してきたときは延々歩かないとなかったんですよ。これが神保町・新宿・横浜駅・伊勢佐木町・横須賀中央あたりの大きな書店を巡るキッカケになったので、まあ良しとしましょう。

オイラ東京へ引越、そして浦賀ドッグ閉鎖

京急の駅の乗降客数はバブル期の35,000人を境にドンドン減っていたのですが、オイラの引越で2人減りw、そして伝統の

浦賀船渠

のDNAを受け継ぐ

住友重機械浦賀造船所(浦賀ドッグ)

が閉鎖となり、衰退が決定的となります。これにより浦賀目的の通勤客がいなくなった。そして、住宅地も横須賀の人口減と比例するように寂れてゆき・・・代表的なのが

県営かもめ団地

ですよ。浦賀駅からバスが20分間隔で出ていて、

サイカマート(さいか屋のスーパー部門)

もあって・・・それが今や空室が目立ち、サイカマートも撤退、小学校も閉校。引越もままならない老人ばかりの団地になっています。そして今の浦賀駅の乗降客数は22,000人に過ぎません。

浦賀駅前

浦賀駅前

もうどうしようもないですが

何遍も言うとおり

横須賀市

横須賀市

交流人口

を増やすしかありません。如何にヨソから休日に横須賀に足を運んでもらうかです。浦賀地区の購買力は市内の5%に過ぎませんでした。報告書にもまとめられていましたが、コレは地元の怠慢もあると思います。

浦賀ドッグ跡地を除き、もう再開発などはムリでしょう。ならば

“知恵”

を出すしかないのです。県道の整備が終わった、ハイ終わり・・・じゃどうしようもない。

ゴジラのテーマが・・・

発着メロディで流れる駅へとにかく足を運んでもらい、アッと驚くものを産み出す・・・そんな浦賀であることを期待します。京急がやってた

西叶神社
東叶神社

の集客なんかは上手かったなあ。ああい知恵が地元からもっと出てこないモノですかねえ。さて、この映画で街おこしは吉と出るか? しかし、よくぞ立ち上がってくれたって思いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク