【小ネタ】[生活保護]福祉事務所にメガネ修理の手順を聞いてみた・・・役所って何を呑気なことをやっとるんだ? | ササキタイキの思うツボ

【小ネタ】[生活保護]福祉事務所にメガネ修理の手順を聞いてみた・・・役所って何を呑気なことをやっとるんだ?

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




眼鏡は顔の一部です

そんなCMを知る人間は昭和・・・しかも関東出身者に限りますね。

そんなワケで

8:30に合わせて福祉事務所に生活保護でのメガネ修理のフローを聞いてみましたよ。

メガネ

ところがそれはア然とするものでした。

1)福祉事務所に意見書を取りに行く
2)メガネ店に意見書を渡し、見積と概要を記入してもらう。意見書は受給者の手渡しかメガネ店の郵送。
3)役所の嘱託医、経理が審査(所要最低でも平日だけで見積もって7日
4)承認が下りたら、メガネ店が修理実施。メガネ店から役所に費用請求

約10日もメガネなしで過ごせというのか?

メガネって、ホント近視や老眼抱えてる人間は日常必需品じゃないですか。それの修理の審査に平日だけで見積もって7日ってどういう事なんですかね? 地域担当が接客中ということで代わりに出たCWは

CW“申し訳ありません”

と平謝りでしたけど・・・。

タダでやってもらうんだから文句言うんじゃネエよ

って意見は受け付けませんよ。だから無くて自分の前から困るものがなくなってみなさいな。もまいらで言えばPCやスマホで批判書く目ん玉なくなるのと一緒。

ところが・・・

地元の

メガネスーパー

に電話したところ、

“部品があるので無料でお直ししますからいつでもご来店下さい。だいたい10分ほどお時間頂ければ・・・”

とのこと。前の前の家の時に作ったメガネですよ。保証は切れています。何と太っ腹なんだ、メガネスーパーって。

Zoff

JINS

とかある中で、あえてここにして良かったわ。

ちなみに

生活保護受給者がメガネをタダで作れると知って怒りを抱く方、一応こういう制限はありますので心の片隅に置いておいて下さい。

1)新製は4年に1度、できるとしてもレンズ交換(要するに修理のフローになる)
2)量販店併設の眼科はほぼ生活保護受給者の利用は断られる
3)コンタクトレンズは医療としてどうしても必要でなければ不可、作るとしても自費

ただ今

コンタクトレンズで書いています。使い捨てじゃないソフト。

メニコンソフトS

ってヤツです。

主流がワンデー、2WEEKとなってきてレンズがなく驚異的に合わないんですよね。ソフトコンタクトなんで目が痛くなってきて・・・。どうせほとんどメガネなんだからワンデータイプに変えるか・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク