【つれづれ】ネットの海は人間関係の濁流、フツーの社会と等しい・・・故に見るだけで疲れてしまうのであります | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】ネットの海は人間関係の濁流、フツーの社会と等しい・・・故に見るだけで疲れてしまうのであります

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




安保法案成立か・・・

まず、前提条件として国民が前回の総選挙で安倍晋三という人が総裁の自民党を勝たした時点でこうなることは予見できていたんですよね。安倍晋三という人は、こういう人なんですよ。

オイラですか?

改憲派ですよ。自衛隊は自衛軍にすべきという考え方です。ただ、日本が持ちうるものとしては個別的自衛権で十分で集団的自衛権の行使には反対です。戦争に参画、故に参加することになりかねない、故に“戦争法案”なのですよ。

今回の自民党のやり方には疑問符をつけざるを得ないし、いわゆる“安倍チルドレン”の講演やTwitterでの発言もア然とします。極めて低レベル。

賛成派は日本は立憲国家で、法的安定性は最重要って事が分かってないんです。多くの論客が改憲には賛成だが解釈改憲には反対と言っている。国民の6割が今の国会での成立には反対と言っている。それを汲み取らないのだから相当なものですよ。何故に今国会で強行採決しなくてはならないのかが分からない。

ホリエモン・・・

そりゃそうなんだけどさ、経済的徴兵制とかに向かってったらどうするのよ。かつて教職に就いた人間は奨学金の返還免除を受けるためって人物が何と多かったことか。

安保法制は戦争法案と言わざるを得ないのです。それに国民が抗うにはデモと投票以外の意思表示の何があります? それがデモクラシーでしょう。

まあそれでも

このままでは安倍首相の意のなるままに法案は通ります。オイラのような商売ではOAインストラクター扱いで永年勤続可能だった

労働者派遣法

も改悪されてしまった。アホな営業の塊の派遣会社に次の真っ当な派遣先を斡旋するなんて調整能力があるわけないでしょうが。こんな財界の意を汲み取った法案があるものか。コレのデモが起こってもいいと思うけどな・・・。

何が言いたいか

色んな意見のヒトがいて、利害関係、意見の相違で時に衝突・対立する。それが社会ってもんで、ネットでも同じって事ですよ。誰もが意思表示をカンタンにできるようになった。ただ、言えるのはバカのパイが圧倒的に多いって事。論客に食ってかかる連中を見てください。

ついに始まった津田大介氏叩き

津田大介

くだらなくて反吐が出る。津田氏は真っ当なことを言っているだけなんですがね。

東浩紀氏のツイート

社民党に入れるのは・・・だけど、そういう事なんですよね。

最後に