【つれづれ】派遣でうつになり・・・"休めば治る、生活保護を取れ"っていう精神科は見切ってすぐさま変えるべき | ササキタイキの思うツボ

【つれづれ】派遣でうつになり・・・“休めば治る、生活保護を取れ”っていう精神科は見切ってすぐさま変えるべき

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




その精神科に罹るまではフツーだった

某最大手玩具メーカーのKって役員から

“派遣にサーバー管理任せる会社がどこにある!”

って暴言を吐かれ、契約解除を宣告され・・・・それから勤務終了日まで職場でトイレで吐いての繰り返しでした。

これはおかしい・・・と思い、うつ病を患っている元同僚に聞いたら、

“K緑陰診療所がいい”

って言われたので、罹ったわけです。

うつ

予診では悔しくて泣きました

予診で色々生い立ちを話してて、

“なんでこんな思いをしなきゃならないのか”

って、悔しくて涙が止まりませんでした。

そこで医師が執った処置

抗うつ薬、入眠剤の大量投薬です。

そもそも、境遇が恵まれないでうつになっているのに、投薬って違うと思うんですよ。でも、その時は“治るだろう”と言われるがままに従って飲んでいました。通院帰りには呑気に近くの

デニーズ

デニーズ

でランチなんてのを満喫してましたから。

言わんこっちゃ無い、体調が最悪化

その後、この会社も最悪でしたがAって派遣会社から六本木一丁目にあった

カブドットコム証券

へ派遣されるんですが・・・もう眠くて眠くて、昼間は南北線に乗ってひたすら睡眠。

それでも徐々に慣れてきましたが、逆に朝起きられないって症状に悩まされるようになりました。金融は朝始業が早いですからね。

それに勤務時間に厳しい。やがてカラダに振戦が走るようになり日常生活にも支障が生じ・・・せっかく慣れた職場だったのに、結局部長から契約解除を宣告されました。

その後は・・・

体調がドンドン悪くなり、Xって不動産プロパティ関連の企業に派遣されるも、

“時給並みのスペックを発揮してもらわないと困る”

等と言われ、試用期間で解雇。

その後

町田のO大学に別の派遣会社に派遣されるも、営業から大学休暇時の給与の扱い等なんの説明もなく派遣され、16時になったら

“帰っていいよ、時間はチェックさせてもらう。給与はその分マイナスだからね”

そのセリフで、経済的不安で1日で行けなくなりました。派遣会社からは後になって固定給の契約社員として雇用するつもりだったなどと謂われ、

“雇用条件明示書”

を営業が明示しない時点で、労働者派遣法違反なワケですが。ここもロクな会社じゃありませんね。ここは名前が有名ってだけ。死んでも拘わりません。

挙げ句の果てに・・・

経済的不安でどんどん体調が悪化する一方・・・で、医師は言いました。

“休んで生活保護取ればラクになるよ”

生活保護がどんな生活を強いられるか、どれほどの制約があるか、母親が脳溢血で倒れたときに思い知っています。その時は母親に保険金があることが分かり、受給を免れましたが・・・。

で、結局生保とったら

辞めた会社の保険証をすぐ役所に返納しなかったってのを理由に病院を追い出されました。今考えると、最低の医者だったと思います。その元同僚に至っては

“もし子供産むときカラダに悪いから、通うの辞めた”

とか抜かす始末で。もうその時点でその娘とは絶縁です。付き合ってもなんのメリットもありませんから。

多くのものを失った

その病院に通って、生活保護を取って、何を得たかってなんにもありません。再度生活保護になって今の住まいには恵まれていますが、たまたま不動産屋と信頼関係があって偶然が重なっただけです。

ハッキリ言って、派遣をやっている方でうつっぽいから精神科に罹ろうか・・・と思っている方、

“仕事辞めて生活保護をとりなさい”

って言われた時点で、サッサと通うの辞めましょう。このテのクスリには離脱症状がありますから、徐々に減らし・・・って感じでね。

フツーの内科でも

メイラックス
ワイパックス

のような緩い抗不安薬なら処方して貰えます。毎朝起きれない、通勤に支障が生じているっていうなら別ですが、きちんと通勤できているならハッキリ言ってそのテのクスリで十分なのです。

“仕事辞めて生活医保護取りなさい”

なんて医者はサッサと見切るべき。そもそも医者って世間知らず、常識知らずですから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!