【小ネタ】[ブログ論][京急][しろくまブログ]KATOが2100形を製品化! オイラのNゲージの悲しい話 | ササキタイキの思うツボ

【小ネタ】[ブログ論][京急][しろくまブログ]KATOが2100形を製品化! オイラのNゲージの悲しい話

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




なんと・・・

オイラのこんな駄記事を被リンクしてくれて、何とも有り難い限り。

いろはに千鳥

いろはに千鳥

同様、制作予算がないから1クール・・・という県域独立局の悲しい現実であります。

詳しいことはこの雑誌のバックナンバーに書いてあるはず(昔オイラもライターやってたのよ)

ところがそれより

もっとビックラこいたことがありましてね。なんと

KATO

京急2100形

京急2100形

京急2100形

を製品化したことであります。

昔は未完成品を売っていて組み立てにハードルの高かった

グリーンマックス

新1000形

京急新1000形

マイクロエース

600形

京急600形

と一緒に、

2100形

も製品化していて、

京王百貨店

京王百貨店

の模型売り場で羨ましく見てたんですが、高くてねえ。値段が。そこでなんとクオリティではピカイチのKATOが!

種別幕・方向幕が点灯するのか、スゴいなKATOは。

オイラの夢

いつかレイアウト(ジオラマ)室を作るのが夢なんですよね・・・。学生時代、その情熱を全部

社会科学部

という名の鉄研にぶつけてましたw 

ECS-1

というクソ高いマスコンもあっさり購入許可が出て。で、みんなが模型を持ち寄り・・・ってな感じ。

当時、鉄ヲタの地位は限りなく低くてですねw 京急が好きだとか言うとタダの変人。40億円も投資した路盤改良の前で快特も105km/hが最高速度。

“名前だけ速いと言われる京浜急行”

と酷評されてましてね。それが3年経ずして中部・関西の新快速でしか堪能できなかった

120km/h運転(特急料金不要)

を始めるのですからビックリでした。初めて乗ったときには余りの速さに驚きました。

部誌作ったりもしたなあ。それが今や名物誌と化していると言うんだからビックリでありまして。後輩が育ててくれたんですね。

子供の頃

父親が

チェリー

って玩具店で

TOMIX

のセットを買ってくれたんです。当時は花形だった

EF65+24系25形

のブルトレの編成、ダサいデザインのレールのセット。

電車=京浜急行

だったオイラ。ブルトレなんて見たことない。なんたって

国鉄=遅い=高い=サービス悪い

ってイメージで。なんとか

KATO

800形

京急800形

の模型が欲しくてですね。ところが、久里浜工場(現:京急ファインテック久里浜事業所)の都合とか

2000形

京急2000形

に華を添えるとか色々言われましたが、残念な塗色変更の最中で。丁度6連化も始まりましたかね、

三浦海岸

三浦海岸

のオモチャ屋へ行くとKATOの取り扱いがあるんですが、電動車の品物が品薄でない・・・。

仕方なく、

横須賀中央

横須賀中央

西友

西友

の模型店に出かけますが、やっぱりない。当時は取り寄せるっていうアタマが無かったんですね。亡くなった従兄が

ぴゅーた

のケーブルを

丸井別館

で取り寄せてたってのに・・・。ああ、みんななくなっちゃったんだな。三浦海岸のオモチャ屋もあるのか謎。

しょうがないのでEF65を中間にかまして先頭車だけ京急を走らせてましたが、つまらない事この上ない。所詮、TOMIX。

そして

日も経たないうちに母が離婚を言い出し、引越の最中に言い放ちました。

“あれ、捨てたから”

いくら父が買ったとはいえ、引っ越す家が狭いとはいえ、30,000円もするものあっさり捨てますか。逆らうと怒るのが目に見えてるので、従うしかない。

しょうがないので机の上で隠し持っていた

キハ10(だっけな)

を飾っておきましたが、母が社員旅行で出かけたときに子守にやってきた叔母がついでに叔母の妹の素行不良の従弟を連れてきて、マッキーでそこら中のモノと一緒にイタズラ書きされて。

子守に来てるはずが、叔母グースカ寝てるんですよ、人の家に何しに来てるんだって。ホント泣きましたよ。

あれ以来、叔母と従弟には恨み辛みが色々ありましてね。しっくりいっていません。あの従弟、目上の人間のことを呼び捨てにするのとか無性に腹立ったし。叔母は育ての親のようなモノでしたから<従弟

また恨み節で終わる・・・w

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク