【小ネタ】[京急][都営浅草線]新1000形リファイン、貫通型1800番台4連2本新造! その理由とは? そして進む2100形更新 | ササキタイキの思うツボ

【小ネタ】[京急][都営浅草線]新1000形リファイン、貫通型1800番台4連2本新造! その理由とは? そして進む2100形更新

シェアする

関連記事
スポンサーリンク




20年ぶりのリファイン

今となって・・・ってな感じがしますが、今年新造の

新1000形

1800番台

となり貫通型になるそうですよ。

京急1800形

4連2本を新造するとか。

そもそも

1500形

京急1500形

を新造した時点で、アレの貫通路をスイングドアにしたのが大間違いだったわけですよね。1500形4連は朝夕の増結を除き、大師線の車庫で眠っているか、2本つないで8連にしてD急行に投入している状態です。

普通車が6連になる・・・という将来的なことを考えれば、貫通路を設けておけば都営浅草線への直通投入が容易だったのです。

いや、まだ日中のD急行がなく品川~逗子海岸のスジがあった頃、文庫~浦賀間は日中2連を走らせてた位ですし、

800形

京急800形

の登場時は3連だった。それでは混雑すると方針転換し6連化した。そうなると4連は自然に持て余します。800形の6連化が進んでいた頃に1500形は設計されたはずなのに。

ADLが開発されるまで車掌の面倒が続いていた梅屋敷問題はあったにせよ、今のような普通車の混雑を見通せなかったのでしょうか。

そして600形、2100形、新1000形

都営5300形

都営5300形

京成3700形

京成3700形

に影響され、左右非対称のデザインで登場。600形はモニター及び停車駅予報装置搭載で運転台を広々と置く意味があったのですが、2100形と新1000形では京急では必要ないと廃止され、ただのスタフの置き台になった。

しかし、都営、京成、北総は車掌が停車駅をブザーで称呼しませんから必要かつ重要な装置で、エアポート快特の成田スカイアクセス乗り入れで更に重要なファクターとなり、新1000形にTIMSを搭載する事になるわけですね。

というワケで

600形や2100形はともかく、1500形や新1000形は京急の事情を考慮すれば貫通型・・・でっていうのが要求されるわけです。

ただ、いかんせん軌道発祥のため車体幅が他社民鉄と違って2,800mm取れず2,740mmしか確保できず狭い。運転台のレイアウトをどうするのか興味津々です。

TIMSは京急としては運転にまったく必要ないから、かつての1500形や今の京王みたいに運転台上に置くのかな・・・?

2100形更新・・・ですが

残念なのは、車端席の開閉窓化ですかねえ。無論緊急時対策ですが、上手くやれば良かったのに埋め込み窓っていうのがバレバレになってしまって。編成美を損なった。

ならば、あの連続窓もいっそ開閉式にしてしまえば・・・ってのは無理な相談だったのでしょうか? アルミ車体で天地950mmのあれだけ大きな連続下降窓っていうのはいくらなんでもムリか。

京急2100形

鋼製の2000形の狭い850mmの窓でも不可能だったのに。

因みにSUSの新1000形の窓の天地は940mmです。

総合車両製作所

の技術により、あれだけ狭隘な車両限界でも

E231系

と同じの開閉窓を可能にしたわけですね。

車内LCD装置を鴨居あたり2台から1台にし大きな停車駅のご案内を配置したのも、“湘南区間”の寸法の関係で車体端の天地が他社ほど取れないため、まるで天井に張り付けるような状態になってましたからいかんせん見にくくかったので、不慣れな客が増えている京急としては結構なことと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でササキタイキをフォローしよう!

スポンサーリンク